アシュタールの光③ の続きです。



アシュタールの光を装着しなくなって、しばらく経っていました。


いつも、目にするところにはあったのですが、身に着けることなく

何ヶ月か経った、今年の5月。

クレセントで「トウリーディング・ワークショップ」を開催することになったんです。

それで、ふと、ずっと身に着けることなく保管状態だったアシュタールの光を

アクセサリーとして身に付けやすくするために、バラバラにすることを思い付き、

(*先に書いたように、2つの石でできていたので、石1つずつのネックレスを

作ろうとしたのです。)

その作業を、トウリーディングワークショップに参加してくれた
hikari☆さん

お願いしようと、WSに持参していました。


WS終了後、早速、hikari☆さんに相談すると、hikari☆さんは、

折角のアシュタールジュエリーを分解にすることは出来ないと・・・。

技術的にも、難しかったようですが、どうも、バラバラにする行為が

石好きのhikari☆さんには憚られる・・・、そんな様子でした。

そこで、「じゃあ、最初のパチンって切るところは、私がするよ。」って言ったん

ですが、やはり、hikari☆さんは気乗りせず・・・・。


それで、クレセントの寺本さんに、石の気持ちを確認してもらうことにしました。

するとね、石たちは、バラバラにしてはいけないって。

バラバラにすることに「NO」を出したのです。

「え~~~~、あ~、そうですか・・・・・・・・・・・(;^_^A」

「2つで波動調整をしているので、その波動を崩してはいけないってことですよね~。」

はい、その通り。。。

「あれ~?その波動は十分受け取った気がしてたのに、まだ、その波動が必要ってこと?。」



それで、その時は、仕方なくそのまま家に帰ったのですが、

内心、「ゲロゲロ、めっちゃ髙かったんやけど(私にとっては・汗)

このまま家に置いておくなんて・・・。

それとも、まだ、服の下にひっそり付けてる必要があるの??

どうしたらいいのよ~」って、思ってました。


この出来事が、5月14日。

そのまま、2週間ほど経った6月1日に、例の「青剣セッション」が突然、降りて来たんです。

それから、「青剣セッション」の概要が徐々に解明して来たんですが、

女神の解放!!

が一つ大きなテーマで、開催されることが分かったんですね。

そもそも、6月1日、突然、情報が降りてくる前に、私は、

「モヤモヤして突き抜けられない乙姫波動、
女神波動の人たちを輝かせたい!!」

(*スミマセン、おこがましくって。私も含めての解放です。)

と、実は、言葉にしていたんです。

言葉が現実を創る良い例ですね、ホント。

そう言葉にした、すぐ後に、スコンと情報が降りて来た・・・。

そして、それを躊躇せず受け取った。。。


それでね、だったら鞍馬で、まずは、

自分=神様(女神)

であるということをしっかりと腑に落としてもらおうと思ったんです。


それで、どんな風にしようかなって思った時に、

「アシュタールの光」があった、「アシュタールの光」を使えるって、気付いたんですね。

このアシュタールの光は、「女神になる」っていう意味があるんですもんね。

そう、バラバラではこの波動はでない!!

こうゆうこと~~??こうゆうことだよね~~。


それで、セッションでは、お一人お一人、手に取ってもらい、

「私は、女神です。」の宣言をしてもらいました。

鞍馬のあの場所に、これまで降下不能だったエネルギーラインが

できあがっていた訳ですが、どんなに素晴らしいエネルギーが降りて来ても、

自分の神様部分を否定している状態では、結局は、その場にいても受け取れない。

「いえいえ、私なんて一般庶民ですから・・・」なんて言っている人では受け取れない。

そう、「私は、誰が何と言おうと<女神>です。欲しいものは受け取ります。」

の意識を持ってもらうアイテムとして、アシュタールの光を使わせてもらった訳です。

そして、自分の中の神様を、より輝かせるアイテムである

<青い剣>を持ち帰ってもらいました。


あの時、アシュタールの光が「NO」と言ったのは、石というよりも、

アシュタール自身だったのではないかと今となっては思います。

購入を決めたのも、アシュタールが現れたことが大きかった・・・。


そして、このワークを始めた途端に現れたのが、鞍馬の大ガエル。

写真 4


写真 2 (1)
<*写真は、くぅちゃん提供☆>



アシュタールの光を取り出し、輪になってワークをしはじめたら、

何方かが「カエル!!」って叫んだんです。

私は、その言葉に反応して、「ミカエル??」と叫んでしまいましたが、

どうです?このカエルさん!!


カエルなのに飛ばないの。のっしのっしと歩いてこっちにやって来るんです。

手のひらぐらいある大きいカエル。

何だ、この太々しい顔は!!それに、この目。

「あんた、やっぱりカエルじゃないね~。」

この仮面の下では、おとぼけ顔も隠れているような・・・。

ムムムムムムム~。ということは・・・・、

「ミカエル!?」と叫んでおきながら、

「やや、これは、ひょっとしてアシュタールおじさん??」などなど・・・、

色々思いを巡らせておりました。


そして、鞍馬カエルさん、私たちのことなど見えていないかのように、

お構いなしに、こっちに、のっしのっし近づいて来て、なんとなんと、

私たちの輪の中に入り込んで来るではないですか!!

おかしいでしょ。こんなワーワー大注目の中、入って来る??

度胸が良いというよりも、周りのことなどお構いなしなんですよ。

見た目もやることも、純正カエルではないですね。


ルシファー=アシュタール=魔王


色々と思いは巡りましたが、そんなことは、やっぱりどうでもいいみたい。

進みたい方向があるならば、人がどう思おうが、
地に足を付けて、堂々と力強く進む。

そこには、余計な<遠慮>がない。
魂が行きたいというなら行く!!
ただ、それだけ。

そんな姿を見せてくれ、最終的には<大杉権現の社>の中に消えて行きました。


ずっと追跡したい気持ちもありましたが、こうやって姿を見せに来てくれた

だけで充分です。

こんなお茶目なシークレットゲストの演出。

ユーモアを忘れない高次元さんたち、流石です。

感謝、感謝。


参加者さんの中には、「かわいい~」とおっしゃっていた方もいて、

やはり、ミューズさんは、普通の女性の反応とは違ってて面白いな~。


そんなこんなで、

アシュタールの光に、鞍馬セッション後、また、透明なラインが増え、

”うちに来たアシュタールの光は、み~んなに見て欲しいんだな”って、

やっと理解いたしました。

そして、良い働きをしてくれるんです!!

また、皆さんも見て触って仲良しさんになって下さいね~。



☆第1回「青い剣の舞セッションin京都鞍馬」にご参加の皆さま
改めて、本当にありがとうございました。
あの場に降下されたエネルギーは、様々な高次存在、大天使、
皆さんにとってご縁のある神様、仏様など、全てが一つになった
エネルギーです。
私のイメージを言葉にすると、<今までに見たことのない色の世界>。
一つ一つが複雑に輝いている。
全ての存在をそれぞれ色で表し「ひとつ」にすると、こうなるのかな~って。。。
これら全てのエネルギーが自分の中にあることを忘れないで下さいね。
そのエネルギーの祝福を受けているのですから。
その証拠に鞍馬カエルさんが現れてくれた。。。
そして、私たち、みんな凛と輝く「神様」なのだから。。。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。