この前のラジオの仕事、

東京の丸ノ内ホテルの総料理長と一緒に香川の美味しいものを巡って来ました。

その様子はこちらから、どうぞ。
     ↓

https://www.rnc.co.jp/ent/photom/calendar/rcar/20150813


総料理長の山口仁八郎さんは、10年ほど前に香川との縁ができ、香川の食材を大変気に入ってくれ、

丸ノ内ホテルでも使って下さっています。

そして、今は県からの依頼の仕事も含め、月に1度のペースで香川にいらしているそうです。

このことを香川県民のほとんどの人は知りません。


そして、お顔からも分かりますか?

人は、自分のことを良く知らない生き物ですが、この方は、自分の全てをご存知のように

感じました。

料理をすることも、やはり自分自身に向き合う作業ですか?と伺ったら、

「そうです。」とおっしゃっていました。


やっぱりそうなんですね。


今は、どうやって、自分を支えてくれたあらゆるものに対し恩返しできるか・・

それをいつも思っているようです。