私も不思議だな~と思っていたんですが、

深く追求したことはなかったんです。


というのは、

厳島神社の弁財天様ですが、なぜ、平清盛が「弁財天」なのか・・・。

確かに雅な神社と「弁財天」は良くお似合いになり、美しいけれども・・・。

清盛が<芸能><財>の神を信仰・・・。





それで、

こんなことを書かれているブログを発見。



○弁財天は、革命の神である。

○弁財天は、コミュニケーションの神である。

○弁は、舌であり、舌は剣である。だから、剣をお持ちだが、それは、舌を意味する。

○コミュニケーション、弁論の力で革命を起こす神である。

○だから、世を統治する者(京都御所)、革命を起こしたい者(江ノ島・厳島)は、弁財天を祀る。

とのことでした。

あくまで、京都御所、江ノ島、厳島にちなんだ弁財天に関する質問でしたので、

全ての弁財天がこれに当てはまるものでもなく、

瀬織津姫がすり替えられたものかもしれないです。


≪全文は、こちら からどうぞ。面白い内容ですよ。≫


このブログの方は、京都御所(御苑)、源氏ゆかりの江ノ島、平家ゆかりの厳島に

何故、弁財天様をお祀りしているのか不思議に思い、詳しい方に機会がある度に

聞いていた結果、このようなことが分かったみたいです。


弁財天=【革命を起こす神】

として、お祀りされていたんだとしたら納得ですね。




そして、弁財天様は、舌という剣をお持ちである。

剣=鶴(つる)と亀(き)=統合。

統合の波動をお持ちなのは間違いないですね。


舌・・コミュニケーション、弁論、また文才。

統合波動の言霊、音霊は、天地人に浸透し革命を起こす。



今、私の中の神聖な男性性が確実に現れてきています。

目の前の現状が、それを物語っています。

身の内のバランスが取れると、目に見える現実に変化が起こる。。。

私の1巡目の人生では、とにかく、平和で幸せで有難い心境を実感させてもらいましたが、

2巡目は、自分という単位から世界という広がりを予感します。


まずは、身の内の革命を!!

自然に任せて・・ね。