「蘇るアトランティスのある記憶」絵本化決定まで②


の続きです。



去年一年間は、今年に向けての一年間という意識が自分の中で強くありました。

何が始まって、何が生まれるか、それは全く分かりませんでしたが、

その何かのために必要な今年(2014年)という感じでした。

また、それは、時に、じっと我慢して温めるという感覚もあり、

「焦らない焦らない」と自分で自分に言い聞かせながらの部分もありました。


そんな時、

ある朝、まだ寝ぼけ眼のお布団の中で、

あるセッションを受けに行こうと、ふ~と湧いて来たのです。

きっと、潜在意識の中では決めていたのに、顕在意識が止めていたんですね。

だから、まだ、潜在意識の蓋が閉じられていない目覚めとともに、ふわ~と

その思いが出て来たのだと思います。


その頃の私は、

「心は平和で穏やかでいいんだけど、退屈で、退屈でたまらないんですけど~~

という状態。このモヤモヤをどうにかして、目の前の世界を変えるぞ~って感じでした。

時々、こんな風になります。実は、今現在もこれに似た感じが少しあります。

でも、こんな時も闇雲に何かをやってもダメ。


この時受けたセッションは、コチラ⇒マスターとなづなちゃんの個人セッション

*メニューが少し変わったようです。私は、一瞥(覚醒)を経験した方用のセッションを受けました。  
とても、私にとっては良いセッションでした。
覚醒の意識(無我)を三人で共鳴させて行うセッションですが、必要なことが三人の会話の中に
現れて来ます。興味のある方は、どうぞ。ミューズさん、こういうの好きかもです
お二人とも超おだやか系で、私、ずっと笑ってました何で、あんなに笑ってたのか?!



セッションを受けに行ったのは、去年の10月26日。

その時に言われたことが、

「人に頼むといい。」ということ。

これ、実は、ひびきさんにも同じことを言われました。


私は、

人に頼まなくても何でも自分で解決してしまうけど、

頼むことによって、世界が広がる。

そして、あなたを助けたいと思っている人たちが大勢いる。


言われた内容もほぼ同じ。



ついでに、もう一つ。

マスター&なづなちゃんのセッションでは、「法力」という言葉が出てきました。

ひびきさんの時は、「魔法使い」という言葉。


◇法力とは、

仏法の威力。仏法の功徳の力。  仏法を修行して得られた不思議な力。


ここも、同じような感じ



話を戻します。

それと、

「もしも、ボランティアを頼まれたらしますか?」

と訪ねられました。

それで、以前、朗読のボランティアをしていたことを話し、

また、そのボランティアを、今度は、絵本の読み聞かせで

再開しようと思っている・・と答えると、


「それ、いい。実は、会う前から絵本の読み聞かせというキーワードが出て来ていた。」


というのです。

そんなこんなで、まだまだ、色々話しましたが・・、

でも、やっぱり、私にとっては、おさらい的な話の内容でもありましたが、


それらのことを、今までとは違うエネルギー内で魂へ更に落とし込んで行った感じです。



セッション後すぐは、

「人に頼む」って何を??って感じでしたが・・・。



それから、4日後の10月30日、

夜空に光る物体、(私は勝手にUFOと思っていますが・・)を発見。

初めてではないので、ビックリはしませんでしたが、

いつもと違う感覚が一つだけありました。

それは、

「泉さんに、知らせなきゃ~」(*泉さん。「蘇るアトランティスのある記憶」の原作者です。)

でした。

こんなこと、いちいち知らされても迷惑かな~と思いながらも思いのままお知らせすると

泉さんから、その日の内にメッセージが・・。

その内容が、



☆宇宙レベルのアカシック次元からのメッセージ☆

レインボー光線は、癒し(魔法)の色
レインボーの光が統合すると
神聖なシルバー光線になる
シルバー光線は、病の人を癒すことができる
まずは、あなたの肉体次元にシルバー光線を


でした。

泉さんは、流れ星のスパークとともに、このメッセージを受け取ったみたいです。





私の中では、レインボー光線の光を統合させることは、

ミューズさんたちの波動を一つに。。。しかありませんでした。

この時は、まだ、泉さんの「こんぺいとう」の構想は聞いていませんでしたが、

まさに、


神聖なシルバー光線=一つになったミューズ波動!!


そうとしか受け取れませんでした。

それは、今となってみれば、「こんぺいとうだったのです。


そして、まずは、自分の肉体次元で・・・・ということは。。。。




つづく・・・