鳥は、視覚で生きているそうです。

とても目が良い。鳥目と言って夜は良く見えないという説は根拠がないそうで、

夜でも夜空を飛んで移動するそうです。



人間は、情報量から言うと、視覚よりも聴覚の方が情報量が多いそうです。

「うそ~、耳が聞こえなくても歩けるけど、目が見えないと怖くて歩けない。」

と言う方もいらっしゃると思いますが、怖さに重点を置くとそうかもしれませんが、

情報量となれば、確かに聴覚の方が多い気がします。


聴覚も言語であるか音であるか・・・、またきっと細かく分かれてくると思いますが、

私は、人の言葉からその人の本質を感じるタイプ。


だからでしょうか。。。



「死にたい」と言われれば、

「生きたい」と本質は言っていると感じるし、



「自分には、あんなことは出来ない」

と言われれば、

「あんなことやってみたい」

と聞こえて来ます。



もちろん、全てが逆説に聞こえる訳ではありませんが、

本質に抵抗している思考は、結構、天邪鬼さんですね。

でも、それはそれでいいんです。

そこから、大切なことを掴んでいくんですから。



とにかく、

この世には、と言うより宇宙には限りない豊かさしかありません。

制限はないのです。

それを分かった上で、言葉を使って行くことをお勧めします。


限られた命を制限内で生きる、それで本当に構わないのであれば

それは、<選択の自由>というルールのもと、誰もそこに口出しできませんが、


それでは、実は、満足できないという方、


宇宙は、無限の可能性があり、その宇宙に私たちは生きていることを、

理解できなくても、まずは、知って下さい。



と、私は言いたいです。

でないと、もったいない、もったいない、本当にもったいない。

本当にもったいないと思います。