今日、聴いた話です。

「厄年」の話です。

私に、お話下さった方がおっしゃるには、


厄年って、もう無理が効かない歳になってしまった。。。

健康には注意しないといけない。。。

私は今年、厄なので遠慮しておきます。。。


みたいな、ちょっとネガティブなイメージがありますが、

本来は、リーダーとして働く年と教えて下さいました。


そして、リーダーとして働くために、自分はこの3年間(前厄、後厄含めて)をどのように過ごすか、

その【宣誓】をして過ごすのだと、教えて下さいました。





だからか~

厄年の昔の慣わしとして、

香川では、”おきゃく”(ご馳走でもてなす宴会のこと)をしていた。

高知では、胴上げをしていた。

など、どうみてもお祝いと思われる行事が行われていました。

他の地域もそれぞれ、厄年の風習が残っているようです。


なるほど~


これからの3年間の我が家のリーダーには、まずは、厄を落としてもらって、

さっぱりとリセットし、皆でお祝いをして、この人が今日から我が家のリーダーですよと

神様にお披露目。

そして、これからリーダーとしてやっていくための、天への【宣誓】!!

こうして、皆の先頭に立って家族皆を率いて行くということですね。

だから、厄除け祈願もご家族で行かれるのが良いようですよ。




【宣誓】をする。

宣誓や宣言は、きっぱりと言い切ることが肝心ですね

~~したいと思います。

ではなく、

~~します!!ときっぱりと言い切る。

思います、とか、~~したい、は、

そう思っている、そう願っている状態が続くだけ。



今日、実は私、

厄除け祈祷の場に、予期せず立ち会っておりました。


そっと見守っていただけですが、

良い空間で、良い話を聞かせていただきました。


私は、厄年ではなりませんが、一緒に厄を払っていただいた思いです。

この前の、髪を思いがけずショートカットにしたこととか、

今日の厄除け祈願といい、「素敵なリセット」をいただいております。


さあ、一杯、宇宙に宣誓・宣言していくぞ~~


今日も宇宙さん、ありがとうございました