私、髪を切りました。

でも、自分の意思とは違って短くなってしまいました。



美容院で、

「ちょっと、短くしようと思って。」

「くくる予定はありますか?」

「くくる予定はありません。」


この会話の後、ヘアーカタログを見て、大体こんな感じに・・・という話はしましたが、

バッサリと切られた時には、


「あっ」


と心の中でつぶやきました。


でも、すぐに、

「もう、仕方がない。」

と思い、(また、伸びるし)、何も言わず、それまで美容師さんと交わしていた会話を

何事もなかったかのように続けたのですが、


これ、若い人だと泣くかもしれない・・・・。と、ちょっとだけ思いました。


明確に”こんな感じ”という注文をしたわけではなかったので、まあ、仕方ないな~。


お陰で、20年ぶりぐらいのショートカットになりました。

確かに、もうくくる長さがありません。




これは、些細な一例ですが、


自分が思っていたのとは違う。

こんなはずではなかった。

なぜ、そうなるの。




これが、もっと激しい場合、


誰よ、私を突き飛ばしたの?

私の意図したこととは全然違う。

嫌だ~~~~~


ということが、宇宙に委ねた人生を歩み始めるとやってきます。



私も、ある日、この大いなるものに白旗を上げました。


5次元波動へのシフトアップは、後生大事に持っていた、これが自分だと思っていた

「自我」の振り落とし作業でもあります。



委ねるとは、何と【勇気】がいるものかと、何度思ったことか。


「自我」は消えることを最も恐れていますから。


だから、怖くて当たり前。

怖くたっていいんです。

ためらいがあって当たり前。

勇気も試されます。


*自我が消えた後、スーパー自我が誕生します。
自分のための我ではない「我」ですね。
自己の中の神性が生み出す「大いなる我」です。
「愛」そのものの「我」。
自我もシフトアップさせてあげるための消滅です。
私は、「自我」が悪者だとは、ちっとも思っていません。



まずは、最初に「宇宙に委ねる」ことを決めれば、いいんです。

そうすると、宇宙が運んでくれます。今まで生きてきたのとは違う領域に。



今日は、節分。

明日から、また、新しい一年の始まり。

私の今年の本番は、ここからだと思っています。



また、一歩ずつ前に進んでいきます。皆さんとともに