みなさん、こんにちは。


今日は、5月26日(土)に開催する
「UTAUMI 2018」(うたうみ)というイベントをご紹介させていただきます。

一言でいえば、
海岸の清掃後、海に向かってみんなで手をつないで歌を歌う、イベントです。







写真は、第一回の昨年の様子です。

イベントの内容は、あとでもう少し詳しく説明しますね。


場所は、
石川県内灘町(金沢市の隣町です)の内灘海岸(うちなだかいがん)という、
夏は海水浴場として賑わう場所です。


どなたでも参加できますが、
うちからは遠くて行けないなって思うかもしれませんね。


でも、今後、日本各所の海、海外でも開催したいと思っている
未来に向けて進めているプロジェクトですので、
少しでも興味があれば、このまま、お読みいただければと思います。


因みに、内灘海岸の位置です。
(金沢ライフマップのHPからお借りしました。ありがとうございます。)


内灘砂丘と言って、日本で3番目に大きい砂丘がある場所です。
(3番目に大きな砂丘と言われても、
わたし、去年まで、知らなかった。。。デスごめんなさい。)



わたしは、去年初めて、会場となる内灘海岸に行きました。
これまで慣れ親しんでいた瀬戸内海とは違って、
雄大な日本海に本当に感動しました!!
その時の写真がありますので、掲載しておきます。

1503566080172


1503566142405


この写真の場所で、UTAUMIを開催します。
夕日がとっても綺麗な場所で、夕日が沈む前、
16時30分から開催します。
実際は、写真よりもっと明るい時間帯からの開催です!!
終了予定は、18時15分頃です。


このイベントは、内灘町出身の北方寛丈(音楽家)が、地元の方から、
「音楽のチカラで、海を綺麗にできませんか?」
と言われたことから始まりました。

それが、2015年のこと。

『かつては、美しい海だった内灘海岸にも今では、毎年、何十トンものゴミが流れつきます。
(平成28年度には、83.30トンだったそうです。)
その内、8割が日本から出たゴミ、2割が対岸の国から来たものだそうです。
海に流れ着くゴミというと、日本以外のものが多い気もしますが、そうじゃないんですよね。
わたしたちが出しているゴミが大半なんです。』




音楽家である夫は、地元の方からの申し出を聞いて、
「音楽のチカラで??!!」と驚いたようです。

音楽家自身には、思いもつかない発想です。



それから、2年の月日が経ち、ずっと心の中に在った
「音楽のチカラで海を綺麗に」の思いを実現化させるために、
去年、2017年に、その第一歩を踏み出しました。








去年は、海への奉納の舞、太鼓、三味線演奏も行われました。
今年は、内灘町のよさこいグループが参加してくれます。








そして、
みんなで手つないで、大自然である<海>に向かって、
歌を歌いました。一瞬でもいいので、本気で地球の環境のこと、
世界の平和のこと、家族や自分自身への想いや祈りを込めて歌う・・・。







海を汚すのも、綺麗にするのも人ならば、その海を扱う人たちの心が、
今よりももう少しずつでいいので<美しく>なれば、海も今よりも美しくなるはず。
そんな想いを込めています。


そして、人の心がもう少しずつ<美しく>なるとは、
自分が思っているよりも、わたしたちは、
もっと【純粋で美しい存在】であることに気づくことだと、
わたしは思っています。


第一回の昨年も、県外からのご参加がありました。
遠方の方も、よろしかったらご参加お願いいたします。
金沢観光とセットでお越しになるのも良いかもしれませんね。

また、産声を上げたばかりのプロジェクトです。
何かご協力いただけることやアイディア、助言などもいただけると、
大変、助かります。どうぞ、よろしくお願いいたします。



今後、このブログでも、UTAUMIについてご案内させていただきますが、

詳しくは、UTAUMIブログをご覧ください⇒UTAUMI‐blog